構成担当書 中村進一・著『死んだ動物の体の中で起こっていたこと』ブックマン社より12/12発売

構成担当書、獣医病理医・中村進一先生の新刊『死んだ動物の体の中で起こっていたこと』(ブックマン社)が12月12日に刊行されます。

『死んだ動物の体の中で起こっていたこと』
『死んだ動物の体の中で起こっていたこと』(ブックマン社)

ヒトデからアフリカゾウまで。動物の遺体解剖に明け暮れる獣医病理医が、「死」を通して「生」を見つめるエッセイ集です。「かわいい!」「かわいそう!」からもう一歩進み、動物の命について深く考えるきっかけになる本となっています。ペットを飼っている人やこれから飼おうと考えている人に、ぜひ読んでもらいたいと思います。やさしい挿絵は秦直也さん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました